読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡と珈琲と写真

X-T1 / D610 / GR

朝活×写真

早朝に起きて写真を撮りに行くのって結構いいもんなんです。朝活で写真を。いいですよ。

普段は見れない街の姿

日中は人や車でごった返している街も早朝はさすがに人がほとんどいないです。普段は見れない街の姿を目にするのはとても新鮮なんです。

それに街撮りをしているとレンズを向けること・向けられることにそれなりに神経を使いますが早朝なら写真撮り放題です。

地下鉄に乗って都内に出て、改札をくぐって地上に出て、朝日を浴びた瞬間、「撮るぞー!!」っていう気分になりますよ(笑)

f:id:masa8609:20160706183837j:image

f:id:masa8609:20160706184008j:image

 f:id:masa8609:20160706184029j:image

 光が柔らかい

早朝だからこそ撮れる写真って何だろうかと考えると、やっぱり朝日を撮ることがその答えの一つになると思うんです。太陽にレンズを向けておけば間違いないと言っても過言じゃないと思います。それになんとなく朝活で朝日を撮ると光の恩恵に感謝を示す儀式みたいで気分が勝手に盛り上がります。

朝活写真の一枚に是非、朝日の写真を。

f:id:masa8609:20160706184312j:image

f:id:masa8609:20160706191221j:image

f:id:masa8609:20160706203948j:image

晴れてなくてもいいんです。

早朝の時間帯に曇っているからこそ撮れる写真もあると思います。表現が難しいんですけど、少し霧がかっているというか、そんな雰囲気の写真がとてもいいです。 彩度を少し落とし気味にレタッチするとより一層良い感じになります。

f:id:masa8609:20160706190101j:image

 f:id:masa8609:20160706191738j:image

f:id:masa8609:20160706183954j:image

是非、朝活を。

週末フォトグラファーにとって貴重な休日。

早く起きて写真を撮りに出かけると1日が長くなりますし、写真を撮ることからスタートする休日は充実すること間違いなしですし、オススメです。

f:id:masa8609:20160706184352j:image